卵子凍結に助成金決定

卵子凍結に助成金決定

千葉県、浦安市と順天堂大浦安病院は、2015年2月23日に将来の
妊娠と出産に備えて、健康な女性の卵子を凍結保存する事業を正式
に発表しました。

 

現状では、健康保険が適応されないため、市が同病院の研究に補助金を
出し、最低でも100万円とされる市民の負担を3割にしてもらう方針です。

 

市内在住の20才〜34才の女性を想定し、将来の体外受精に向けて
卵子を採取、凍結保存する研究を進める他、卵巣や精子の保存も
対象とします。

 

この事業は「少子化対策の一環」とする市では、2017年までの3年間で
9000万円を補助する方針です。

 

希望する女性は、出産適齢期を啓発する講演会に出席した上で、
最終的に同病院の倫理委員会の審査を受けてもらいます。

 

 

年齢が若いうちに、卵子を保存することへの関心が高まっていますが、
一方、卵子の採取は女性の体に負担がかかり、卵子は受精卵に
比べて凍結のダメージを受けやすいと言われています。

 

また、体外受精をしても出産できるのは10〜20%程度とされています。
若い内に凍結すれば、必ず出産できるとは限りません。

 

卵子が若くても母体の年齢が高くなれば出産するリスクも高くなります。

 

いろいろと考える問題を含んでいますね。

 

 

 

 

 

 

 


高い吸収力が自慢のイソフラボンで妊娠しやすい体づくりを応援します!

スポンサードリンク

関連ページ

卵子寿命
不妊症と卵子老化などの情報を提供します
卵子凍結
不妊症と卵子老化、卵子凍結などの情報を提供します
卵子凍結 未婚
未婚女性と卵子凍結などの情報を提供します
健康女性 卵子凍結に補助金
健康女性の卵子凍結ら助成金の情報を提供します
卵子凍結 推奨せず
不妊症と卵子凍結化などの情報を提供します
卵子凍結 353人2699個
卵子凍結の情報を提供します