卵子について

卵子凍結 353人2699個

2015年5月2日の毎日新聞の記事のコピーです。

******************************************************
 未婚であることや仕事を続けるためなど、社会的な理由で卵子を凍結保存し
将来的な妊娠・出産に備えている女性が、全国で少なくとも353人に上り、
2699個の未受精卵が凍結保存されていることが、毎日新聞の調査で分かった。
12施設で凍結保存しており、別の13施設も「将来的に実施したい」と回答。
社会的卵子凍結がさらに拡大する可能性がある。

 

調査は4月、日本産科婦人科学会(日産婦)に登録している医療施設のうち、
不妊治療が可能な東京、大阪、愛知、福岡の4都府県の168施設を対象に
アンケートした。52.9%にあたる89施設から回答があった。

 

 凍結保存している12施設の内訳は、東京6、大阪5、愛知1。
うち2施設は採卵を中止したが、現在も卵子を凍結保存しているという。
出産例はなかった。

 

 日本生殖医学会は2013年、対象は成人女性で本人の生殖以外は使用できない
▽40歳以上の採卵と、45歳以上の使用は推奨できない▽医療技術のリスクの説明
と同意−−などの条件を付けた指針を示して、社会的卵子凍結を容認。
一方、日産婦は妊娠率の低さなどから「推奨しない」としている。

 

 12施設のうち、開始時期が最も早いのは04年。同医学会の指針提示後に始めたのが
5施設あった。指針の妥当性を尋ねたところ、採卵年齢について「適切」とした施設が大半
だったが、「希望者の年齢は40歳より高く適切でない」と回答したのが7施設あった。

 

 女性が凍結を希望する主な理由(複数回答)を尋ねたところ、9施設が「パートナーが
見つからないため」、6施設が「仕事を優先するため」と回答。いずれも、大都市で進む
、キャリアアップを志向する女性の増加や長時間労働による出会いの制約など、
働き方の変化による晩婚化、晩産化が影響しているとみられる。

 

 一方、少子化対策の一環として、千葉県浦安市が今年度から始めた、社会的卵子
凍結事業への補助制度については、全体の71.9%にあたる64施設が「少子化対策に
役立たない」と回答した。主な理由は「不妊治療の開始を遅らせる」「体外受精で出産する
確率が低い」などだった。

 

 また、自由記述では「凍結保存により『いつでも妊娠できる』という過信を招く恐れがある」
(愛知県内の施設)、「晩婚化を促進するため、少子化はさらに深刻化するだろう」
(福岡県内)−−など、社会的卵子凍結の広がりを懸念する声が多かった。

 

 さらに、卵子凍結保存よりも「保育園や学童施設を増やす方が有効ではないか」
(東京都内)など、根本的な少子化、人口減少対策として、出産や子育て支援の
社会的基盤整備を優先すべきだとの意見もあった。

 

 今回と類似する調査としては、岡山大が12年に社会的卵子凍結の実施について
、日産婦に登録する全国の1157施設を対象に無記名で聞いた調査がある。
当時、9施設が実施したことが判明したが、具体的な人数や卵子の個数までは明らか
になっていなかった。
【一極社会取材班】 コピーここまで
***************************************************************************

 

将来後悔するよりはという動機で卵子凍結している方が多いようです。
しかし、将来、妊娠、出産を望むときには、卵子凍結による妊娠率は10%程度とされます。

そして自分の年齢など、いろいろと考えることがあります。

40歳以上の卵子1個の妊娠率はさらに低くなり、5%ということです。


高い吸収力が自慢のイソフラボンで妊娠しやすい体づくりを応援します!

スポンサードリンク

関連ページ

卵子寿命
不妊症と卵子老化などの情報を提供します
卵子凍結
不妊症と卵子老化、卵子凍結などの情報を提供します
卵子凍結 未婚
未婚女性と卵子凍結などの情報を提供します
健康女性 卵子凍結に補助金
健康女性の卵子凍結ら助成金の情報を提供します
卵子凍結 推奨せず
不妊症と卵子凍結化などの情報を提供します
卵子凍結に助成金決定
卵子凍結に助成金決定の情報を提供します