卵子寿命

卵子寿命

卵子は女児が生まれた時に、卵巣に200万個位が生涯分として
蓄えられています。

 

一生を通じて、卵子の数が減り続けます。

 

思春期には30万個〜40万個になり、30才後半では35000個に

 

なり50才前後では1000個位になり、閉経します。

 

排卵する数

 

女性が一生涯で排卵する数は、500個位です。
200万個の卵子の大部分は、排卵することなく、卵巣の中で
消滅し、卵子は老化し続けます。

 

30才の女性が排卵する卵子は、30年間卵巣の中で排卵の
順番を待っていた卵子であり、その卵子は30才です。

 

卵子が卵巣で出番を待っている間、いろいろなストレスにさらされて
います。

 

紫外線や有害な電磁波が卵子の遺伝子を直撃したり、体内でできる
活性酸素も影響を及ぼしています。

 

これらのストレスが卵子に悪影響を与え、妊娠する力を低下させていきます。

 

46才前後でほとんどの卵子の寿命は尽きてしまいます。


高い吸収力が自慢のイソフラボンで妊娠しやすい体づくりを応援します!

スポンサードリンク

関連ページ

卵子凍結
不妊症と卵子老化、卵子凍結などの情報を提供します
卵子凍結 未婚
未婚女性と卵子凍結などの情報を提供します
健康女性 卵子凍結に補助金
健康女性の卵子凍結ら助成金の情報を提供します
卵子凍結 推奨せず
不妊症と卵子凍結化などの情報を提供します
卵子凍結に助成金決定
卵子凍結に助成金決定の情報を提供します
卵子凍結 353人2699個
卵子凍結の情報を提供します