卵子凍結

卵子凍結

白血病などのガンにかかると、抗ガン剤や放射線治療を行うことがあります。

 

これはその後、卵子が障害を受けて、卵子がなくなったり、排卵がなくなったり
と不妊症になってしまうことになります。

 

これらの治療の前に、卵巣から卵子を取り出して、卵子を凍結保存して
おけば、将来この凍結卵子により赤ちゃんを産むことが可能となります。

 

最近は、前述の病気にかかっていなくとも、仕事にやりがいを感じている
女性の中には、結婚、出産を後回しにしたいと考えている人もいます。

 

しかし、年齢が上がってくると卵子の質・量ともに低下するので不妊症に
なってしまうこともあります。

 

そのために、比較的若いうちに卵子を取り出して、将来にそなえて、凍結
保存しておこうという動きが始まっています。

 

受精卵の凍結技術はすでに15年以上たっており、凍結受精卵で生まれて
きたあかちゃんは100万人以上と推察されています。

 

未受精卵の凍結は、きわめて困難とされていましたが、最近になってようやく
普及してきました。

 

未婚女性がその後の人生で、自分自身の卵子であかちゃんを生める可能性
が出できて、希望を与えています。

 

 


高い吸収力が自慢のイソフラボンで妊娠しやすい体づくりを応援します!

スポンサードリンク

関連ページ

卵子寿命
不妊症と卵子老化などの情報を提供します
卵子凍結 未婚
未婚女性と卵子凍結などの情報を提供します
健康女性 卵子凍結に補助金
健康女性の卵子凍結ら助成金の情報を提供します
卵子凍結 推奨せず
不妊症と卵子凍結化などの情報を提供します
卵子凍結に助成金決定
卵子凍結に助成金決定の情報を提供します
卵子凍結 353人2699個
卵子凍結の情報を提供します