卵子凍結 未婚

卵子凍結 未婚

米国の生殖医療学会では、2008年には、ヒト卵子凍結保存技術は
実験的段階であり、応用するには、時期早尚であると表明しました。

 

それから4年後の2012年10月には、ヒト卵子凍結保存技術は
実験段階ではなく、治療に応用できると表明しました。

 

欧米では、未婚女性が自分の卵子を凍結保存するケースが
急増しています。

 

卵子凍結は
日本では、夫婦間の不妊治療の一環として実施するのと、一部の
ガン患者さんの治療としてする場合のみにしか、原則として認められていません。

 

しかし、卵子凍結保存を若いうちにしたいという独身女性の広がりを無視
できなくなってきています。

 

生殖医学学会は、健康な独身女性にも卵子凍結保存を認めるとしました。

 

2013年8月には、未婚女性の卵子凍結が無秩序に広がるのを防ぐ
目的で、生殖医療学会が卵子凍結についての方針を表明しました。

 

「卵子凍結は40才未満の女性にかぎり、かつその卵子を使って出産する
不妊治療し45才未満に限るべき」

 

としています。この方針は高齢出産をふやせば、母子ともにリスクがあがり、
高齢出産の増加の懸念をしたものとなっています。

 

また、卵子凍結をしたからと言って、卵子があれば必ず赤ちゃんができる
とは限らないです。


高い吸収力が自慢のイソフラボンで妊娠しやすい体づくりを応援します!

スポンサードリンク

関連ページ

卵子寿命
不妊症と卵子老化などの情報を提供します
卵子凍結
不妊症と卵子老化、卵子凍結などの情報を提供します
健康女性 卵子凍結に補助金
健康女性の卵子凍結ら助成金の情報を提供します
卵子凍結 推奨せず
不妊症と卵子凍結化などの情報を提供します
卵子凍結に助成金決定
卵子凍結に助成金決定の情報を提供します
卵子凍結 353人2699個
卵子凍結の情報を提供します